動画解説

【解説】「ないものねだり」ギターの弾き方や練習方法

更新日:



はじめに

こんにちは!YouTubeでギターを弾いている"まきお"です!

今回は、KANA-BOON「ないものねだり」について解説したいと思います!








▶︎イントロ

イントロのバッキングギター(ボーカルが弾く方)から印象的な曲ですよね。

このコードの特徴で2・3・5弦を弾いて4弦だけ弾かないみたいな感じになっていますが、

2・3・5弦を押さえて、その押さえた指で4弦に軽く触れることでミュートしちゃいましょう!っていうコードになっています。

ギターを始めたての頃は指を一生懸命立てて、他の音がミュートしないようにしていたかと思いますが、このコードではその逆になります。

また休符の時には右手でミュートもしないといけません。詳細はバッキングギターを弾いた動画を見てやってみてください!

そして、

リードギターの方ですが、フレーズ的には難しくないのですが印象的なのがディレイですよね。

ディレイの設定についてはこちらの動画を参考にしてください!

【ディレイの使い方(3パターン紹介)】〜この動画でほぼ理解できるかなと〜







▶︎1-Aメロ

ここは特にありません。笑

ただ、Bメロに移る最後のリフだけオクターブでカッティングみたいになっているので注意しましょう。

こういう休符をはさんだリフが苦手な人はストロークの練習とかをしておくと絶対良いですよ!

ブログ最後の参考動画を見てみてくださいな!







▶︎1-Bメロ

ここはなかなか押さえにくて地味に難しいんですが、、、

音が全部伸びているので指をよく立てて音が止まらないように気をつけましょう。

そして、ディレイなどの空間系を使って雰囲気を演出すると良いんじゃないかなと思います!







▶︎サビ

サビのフレーズはこの曲通して全部同じですね。

途中から16連符で「ジャカジャカジャカジャカ」と弾くところがありますが、あまり綺麗に弾くことは意識しなくても良いと思います。

むしろ勢いよくかき鳴らすくらいの方が良いかと思いますよ!

そのあとの、休符をはさんだフレーズがありますがこれも苦手な人はストロークの練習をやって、右手のミュートの使い方だったりを身につけておけば難しいフレーズはありません。

ここで上手くできない人は、ブログ最後のストロークについての動画を一通りさらってみると良いと思います。







▶︎2-Aメロ

ここはシンプルな単音カッティングですね。とても良い練習になるかなあと思います!

参考動画のとこに「スローモーション」でも弾いておりますが、まずはちゃんとこの単音を右手で弾き分ける練習は必要ですね。

つまり、1つの弦だけ押さえて、それ以外は全部左手で上手くミュートするっていう考えではなく、ちゃんと右手で弦を弾き分けるようにした方が良いかなということです!

いきなりやろうと難しいと思うので、フォームとかはカッコ悪くても良いので右手の小指あたりをピックガードあたりに添えて丁寧に弾くところからやってみましょう。

その上でできるようになってきて慣れてきたら左手でミュートをすると良いかなと思います。

こういうところで右手のピッキングの練習をしないと上手くならないですからね、、、大変ですががんばりましょう!

そして、アップのピッキングの時に同時に右手の手刀部分でミュートしたりもしないといけないので、

こちらもストロークの練習をして右手をうまく使えるようにすると良いと思いますよ!

ぜひやってほしいストロークの練習で、①〜③まで動画をアップしているのでぜひ取り組んでみてください!







▶︎2-Bメロ

ここはキレよく、ジャって弾いたらすぐ右手の手刀部分でミュート。この繰り返しですね!

しっかり音を止めましょうー!







▶︎間奏(ギターソロ)

ここのギターソロは中々速くて難しいですね、、、!

チョーキング、ハンマリング、プリング、色んな弾き方を駆使しないと弾けないフレーズになっています。

正直、慣れないうちは完璧に弾くことはかなり難しいと思うので、割り切った方が良いと思います。

「なんとなく弾けてるかな」ってくらいで良いので、まずはスピード感というものに慣れる必要があるかなと思います。

こういうフレーズっていうのが他の曲でも出てきたりして、色んな曲のギターソロを弾いていたりすると、少しずつスピードに慣れてきたりするものなので、

ここで完璧に弾こうとせず色んなギターソロとかにもあえて手を出してスピード感に慣れるっていうのはとても大切だと思います!

あとは、このギターソロはいかに綺麗に弾くかというよりかは勢いの方が大切だと思うので、自信持って弾いちゃえばバンドでやる時とかはカッコよく弾けると思いますよ(^^)







▶︎アウトロ

アウトロはダブルチョーキングだらけですね。

2弦をチョーキングさせて1弦と同じ音を出すというものですが、出来ない人はまず2弦のチョーキングだけからやってみましょう。

その上で1弦も合わせて弾くっていう順番でいくとよいかと思います!

チョーキングについてはまた動画を見ていただければと思いますが、

絶対、指が痛くなります。笑

ただ、指が痛くなっても頑張っていれば指が硬くなってきて、その結果しっかり弦を持ち上げることができるので

痛みは成長の証ということで我慢して続けましょう!きっと大丈夫です!笑







まとめ

難易度

KANA-BOONの代表曲ですが、初めて弾く時にはいきなり押さえたことのないコードが出てきたりディレイの設定に戸惑ったりとするかもしれませんが、逆にこの曲で色んなことを練習できるんじゃないかなあと思います。
ギターソロがなければ星3つでも良いかなと思いましたが、総合的にみて3.5にしました!

必要な練習
☑オルタネイトピッキング
☑カッティング
☑チョーキング

参考動画







おすすめギフト

《オリジナルグッズ》



《オリジナルうちわ》



《2人だけの似顔絵》


-動画解説

Copyright© まきおのギター部屋 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.