動画解説

【解説】「シュガーソングとビターステップ」ギターの弾き方や練習方法

更新日:



はじめに

こんにちは!YouTubeでギターを弾いている"まきお"です!

今回は、UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」について解説したいと思います!








▶︎イントロ

まずイントロはドラムから入ってギターが非常に目立つフレーズとなっていますね。

いたってシンプルなフレーズなのに、これを弾いた瞬間に

「あっシュガーソングとビターステップだ!」

って誰もがわかるようなフレーズで本当にユニゾンはすごいなあと感じますね。

よく質問にありますが、ここの2弦と3弦を同時に弾く時にミュートってどうやっていますか?って聞かれるんですね。

ここを練習している方からすると、

「1〜6弦をストロークして、2〜3弦以外をミュートする」

って思っている人が多いのですが、そうではないです。

ちゃんと練習して2〜3弦のみを弾けるようにします、これが大事ですね!

とはいえ他の弦が鳴ってしまったときの注意として軽くミュートするくらいの気持ちでやりましょう!

最後の参考動画にスローモーションで弾いている動画があるので参考にしてください!

リズムがわからない人はまずこのフレーズの前にストロークで一旦いろんなパターンを弾けるようにするのがよいと思います!(^^)







▶︎1-Aメロ

1〜3弦だけを弾くカッティング部分ですね。

ここのカッティングではフレットを押さえている左手の力加減を調節してミュートしたりします。

左手で普通に押さえて右手でピッキングすれば音は出ます。でもその左手を軽く弦に触れる状態にしたら音が出ないですよね。そうやってミュートしちゃうんですねー!

また、チャチャチャチャ チャチャチャチャって16部を弾いたあとの休符は右手の手刀部分でしっかり音を止めましょう。

「1〜3弦以外はミュートしてるんですか?」

という質問が多いですが、基本的にはミュートとかは意識せずちゃんと1〜3弦のみを弾けるようにピッキングを心がけましょう!

僕はミュートせず1〜3弦のみ弾いてます、これは練習あるのみです!







▶︎1-Bメロ

バレーコードを使ったストロークですね。

これも左手の力加減で調節して音をミュートしたりして音の休符を表現します。

基本的なコードチェンジなのでこれが出来ていない人は少し教則本にあるようなコードをもう一度おさらいしたほうがよいですね。

ブログ最後の参考動画を参考にしてみてください。







▶︎1-サビ

サビはおしゃれなコードでリズムも難しいかなあという印象です。

基本的なコードしかやっていない人には難しいかもしれませんが、ご自身で押さえやすい形で押さえるのがベストです。

ギターのTABって押さえ方が100%あるわけではないので、弾き手でやりやすいようにみんなやってるんですね。

カッティングですが、しっかりと右手で音を止めて歯切れの良い音を出せると良いと思います。

リズム感が難しいと思いますが、まずは口で「チャチャチャチャ ツッツチャーチャツツチャー」ってリズムを口ずさめるようにできるといいですね。

口でリズムを言えない人は手も動かないんじゃないかなあと思います。

またサビ頭の最初のフレーズとか2・3・5弦を弾くことになりますが、こういうって

「4弦はどうすの?」

ってなると思いますが、フレットを押さえている他の指で軽く触れてミュートしているんです。

で、そのミュートの仕方についてよく聞かれるのですが、まずは僕はそういうのは気にしなくてよいと思っています。

細かいこと気にせず多少5弦の音が出ちゃってもなんとなくの形にする、そのほうが良いですよ!

なんとなく形になるから楽しくなるし、モチベーションも上がります。そこまでやれて段々慣れてきたらミュートのこととか考えれば良いのです。

いけいけどんどん!って感じで練習する心構えも大事です(^^)







▶︎2-Aメロ

3連符のオルタネイトピッキングが難しいですね。

たった1フレーズではあるのですが、なかなか練習してきた人じゃないと難しいところ。

ブログの最後にある参考動画をみて、ピッキングの練習をしておくとよいですね!







▶︎間奏

この曲最大の難関フレーズですね、、、!!

間奏の最初は完全に速弾きみたいなオルタネイトピッキングを駆使したフレーズとなっております。。。

アップとダウンの繰り返しのピッキングに慣れていないと正直ここは難しいです。

ゆっくりしたテンポで正確に弾けるようにすると練習にはすごくいいかもしれませんね!

そのあとはオクターブ奏法などもありますが、基本的にはやっぱりオルタネイトピッキング。

リズムも取りづらいところではありますが、これが弾けるようになったら最高に気持ち良いですよね!

アップとダウンを繰り返しやるオルタネイトピッキングですが、この曲のこのフレーズで練習しようと思うと難しすぎると思います。

もちろん間日このフレーズにチャレンジすることは大切ですが、下記の参考動画「ピッキングについて」で紹介している基礎練とかを毎日やるのが良いかなあと思います。

うまくいかなくても、5分でもいいから、毎日やるとすごく変われますよ(^^)







▶︎Cメロ

「someday〜」のところからですが、やっと速弾きのフレーズ終わったと思ったら

ところがどっこい!!

コードチェンジがめちゃめちゃあってしかも素早くやらないと追いつけないという...間奏から続いて泣きたくなる箇所ですよね。(笑)

ただ、ここ難しいんですが、どのコードも弾いてて気持ちが良いオシャレなコードばかりです。

ギタリストの皆さんには基本的なダイアトニックコードだけではなくこういうコードにも触れていてほしいです!

そして、ユニゾン大好きな方はこれからもよく使うコードに出会えると思うのでそういう視点でも弾いてみてくださいね。

ちなみにこういうコードの押さえ方ですが、僕も手が小さいので全てしっかり押さえられているわけではありません。

どちらかといえば、楽譜に5個音があったけど、4個にしたりとか、

変にならないように自分で少し音数減らしてやりやすいようにやっています。

100%楽譜通りじゃないといけない!なんてことはないので、少しでも自分がやりやすいようにやってみる!というのも大事かもしれないですね(^^)







まとめ

難易度

コメント
いやー鬼難しい!!(笑)初心者の方でギター始めてから最初にこれやるのはオススメしないです!挫折します(笑)
素早いコードチェンジとか速弾きとか沢山の要素が詰まった曲で、色んな技術が必要になる曲ですね。テンポこそ速くないものの、弾けるようにするのは大変だと思います。
それでもバンドとかでやらなきゃいけなくなって難しいなあという方は、とりあえず完璧を求めずになんとなく形にするくらいの気持ちが良いと思います(^^)あとは、ちゃんとこの曲以外に、オルタネイトのピッキング練習とかちゃんと毎日基礎練習的なのを取り入れると良いかなあと思います!

必要な練習
☑オルタネイトピッキング
☑カッティング
☑オクターブ
☑バレーコード

参考動画






おすすめギフト

《オリジナルグッズ》



《オリジナルうちわ》



《2人だけの似顔絵》


-動画解説

Copyright© まきおのギター部屋 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.